人間関係と言葉|理想のオーラに近づくためにオーラの色について理解しておこう
ロゴ

人間関係に悩んだらまずは言霊に頼ってみましょう

今日から始めてみよう

プライベートでも職場でも人間関係に悩んでいる人はたくさんいるかと思います。そんなときは日々使う「言葉」を意識するだけで人間関係が上手くいくことがあります。人間関係を良好にする言葉についてみていきましょう。

人付き合いを変える言霊の使い方

まずは「ありがとう」から始める

まず取り組みたいのが「ありがとう」をしっかりと相手に伝えることです。ありがとうは友達の間でも、家族の間でも、職場でも使える言葉です。簡単に使え、使える機会が多い言葉なだけに相手に伝えるという行為がおろそかになっていませんか?まずは「ありがとう」を相手にきちんと伝えることから始めてみましょう。

「ごめんなさい」を意識する

日本では鎌倉時代から使われ続けてきていると言われる古い言葉「ごめんなさい」。「ありがとう」をしっかりと伝えられるようになってきたら、「ごめんなさい」を伝えられるように意識しましょう。軽い気持ちで「ごめん」というのではなく、誠意を見せることが大事です。

「好き」を伝えよう

「ありがとう」と「ごめんさない」をしっかりと伝えられるようになったら、好意を相手に伝えてみましょう。一番伝わりやすい言葉が「好き」です。日本人はなかなか使わない言葉ですが海外の人は日常的に使います。この言葉を使うだけでもあなたの人間関係は格段に良くなっていくはずです。

マイナスな言葉削っていこう

プラスの意味を持つ言葉を正しく使えるようになったら、マイナスの意味を持つ言葉を発しないように意識していきましょう。マイナスの言葉は強力で、知らず知らずのうちに発していることが多い言葉です。意識して減らしていきましょう。

人間関係と言葉

占い師

言葉に思い乗せてみよう

プラスの意味を持つ言葉を使えるようになって、マイナスの意味を持つ言葉を使わなくなったら、次は自分が発する言葉に思いを乗せる練習をしていきましょう。言葉には魂が宿ります。その言葉に自分の思いを乗せることで、ただ何も意識せず言葉を発していたときの何倍もの力を発揮してくれます。

そのまま自分に跳ね返ってくる

言葉は「言霊」と言われるように不思議な力を持っています。良い言葉を使えば良いことが起こりますし。悪い言葉を使えば悪いことが起こります。特に悪い言葉はそのまま自分に跳ね返ってくるといいます。人の愚痴や不平不満などの悪い言葉は毒を吐くのと一緒です。悪い言葉を発するということは、知らず知らずのうちに自分が発した言葉の毒に蝕まれているということになるのです。

自分に問いかけてみよう

では悪い言葉を発しないようにするにはどうすればいいのでしょうか?もし悪い言葉を発しそうになったら自分に問いかけてみてください。今言おうとしている悪い言葉の原因は何なのか、それに対して自分ができることは無いのか、それをすることでその言葉を発さなくても済むのではないかということを自問自答してみましょう。悪い言葉を発する前に一旦止まって考えることが大切なのです。

広告募集中