濃いオーラとは|理想のオーラに近づくためにオーラの色について理解しておこう
ロゴ

濃いオーラを放っている人には共通点があります

オーラについて

誰しもが持っているというオーラ。見てみたいと思っている人も多いのではないでしょうか?オーラに関する良くある疑問や質問について確認していきましょう。

オーラに関する疑問

オーラがある人にはどんな特徴あるの?

オーラは誰でも持っているものだと言われています。特別な人や特別な力を持った人にのみ備わっているものではなく、一人ひとりが必ず何かしらのオーラを持っているわけですね。

オーラって本当にあるの?

その人がいるだけでその場が明るくなったり、華やいだりといったことを経験したことはありませんか?それがその人の持っているオーラだと言われています。

オーラは強くできますか?

オーラは自分の意思で強くすることが出来ると言われています。筋トレで筋肉を鍛えるように、オーラもトレーニングすることで鍛えることができるわけです。また鍛えようと思っていなくても普段の生活やメンタルの変化でも変わってくると言われています。

オーラを見る方法ってありますか?

自分のオーラを見ることは簡単です。起きたときに太陽に手をかざしてみましょう。そして指を広げます。その指の間を見るとオーラが見えます。これの濃淡でその日の体調がわかると言われています。

オーラはどうやったら出せますか?

オーラは元々誰でも持っているもので、誰でも放っているものです。無理に出そうとしなくても常に出ています。出ているオーラをトレーニングすることで強くすることもできますよ。

濃いオーラとは

オーラ

濃いオーラを放っている人

「オーラの色が濃い」と聞くと、特別な力のある人や生き生きとしていて魅力に満ち溢れている人というイメージを持つ人は多いのではないでしょうか?でも実は濃いオーラを持っているということは全く逆の意味を持つと言われています。

濃いオーラは我慢の証

オーラが濃くなるのは不平や不満、怒りを溜め込んでいるからだと言われています。不平や不満、怒りは生活している中で誰でも感じるものです。そして稀にその不平や不満、怒りを上手く発散できない人がいます。発散する方法がない・知らないと言った方が正しいでしょうか。そういった我慢を発散できずに溜め続けている人がオーラの濃い人になるわけですね。

いつか爆発するかもしれない

濃いオーラを放っている人の不平や不満、怒りはいつか爆発してまう可能性があります。このように限界まで溜め続けた不満や怒りが爆発すると悲惨な結果を生んでしまいかねません。そうなる前に周りの人が気づいて助けてあげる必要があるのです。

自然と回復する場合も

濃いオーラを放っている人は周りが助けてあげる必要があると言いましたが、自然の作用が働いて回復する場合もあるようです。そういった負の感情をぎりぎりまで溜めこんでいると、自然の力が働いて発散できるタイミングが訪れるといいます。そのタイミングを逃がさないようにしましょう。

広告募集中